活動レポート

【29年度】親子で学ぼう!食材選び方教室

開催日時:平成30年2月3日(土)13時〜15時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:ひとり500円

市場で働く専門家の説明のもと、実際に食べ比べをしながら、
食材についての知識を養う、京都市中央市場の人気講座「食材選び方教室」。
初めての親子対象講座を開催しました!

取り上げた食材は…
1.九条ネギ 2.砂糖 3.イワシの3つです。

1.九条ネギは、今は早い期間でたくさん収穫できるよう、品種改良されたものが主流ですが、
もともとは収穫までに1年以上かかる野菜です。
今回は、伝統的な方法で収穫された本来の九条ネギをお持ちいただき、
栽培方法などを伺ったあと、実際に九条ネギたっぷりのすきやきを試食をしていただきました!

太くてしっかりとした見た目に反し、やわらかい口当たりと甘みで
参加したお子さんもとっても気に入ってくださったようでした^^

2.砂糖は、甜菜糖、果糖、きび砂糖の3種類の砂糖が配られ、
食べ比べをしながらその違いを学びました。

砂糖は体に悪い?!というイメージもありますが、
スポーツをするときなど、エネルギーの補給に砂糖はとても効果的!という解説を聞き
「早く走るには、どれくらい砂糖を食べたらいいですか?」など
子どもたちも積極的に質問をしてくれていました。

3.最後は、節分のこの日に合わせてイワシのお勉強です。
イワシの種類の違いについて学んだあと、ひとり1匹ずつ手開きに挑戦!

自分で開いたイワシは蒲焼にして、試食しました~!

いろんな体験を通して、子どもたちに「食」への関心を持ってもらえるよう
今後もこのようなイベントを開催していきたいと思います。

【29年度】食材選び方教室

開催日時:平成29年9月30日(土)13時〜15時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:1,000円

市場で働く専門家の説明を聞き、食材を食べ比べながら
中央市場流通食材を学ぶ人気講座が今年も開催されました。

今回取り上げたテーマは、以下の4つです。

★さつまいも…産地、品種の違い
 徳島県/里むすめ、宮崎県/宮崎紅、茨城県/べにはるか、紅あずま
 *同じ品種でも貯蔵機関の長さで味が変わってくるそうですよ!

★鶏肉…種類のちがい
 若鶏、地鶏
 *地鶏の「地」は地面で飼われたことを示す、地面の「地」だそうです。
  地鶏の飼育にはコストがかかるため、出荷量も少なく高価ですが、
  食べ比べている皆さんの反応を見ていると、味の違いも歴然のようです。

★りんご…種類のちがい
 つがる、紅玉、きおう
 *この日は、秋口に出回る早生品種のりんごを食べ比べました!
  食べ比べると食感や甘味、酸味の違いがよく分かります。


★紅鮭…産地、加工法の違い
 北海道、ロシア
 *同じものでも、どこで獲るかによって、その後の処理方法が異なるそう!
 
普段何気なく食べている食材も、その特徴に目を向けると
もっと自分好みの品種や食べ方を見つけられるかもしれません。

食べ物への関心を高めていただく良い機会になれば幸いです♪

【28年度】食材選び方教室~冬・春の味覚編~

開催日時:平成29年2月4日(土)13時〜15時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:500円

平成28年度食の海援隊・陸援隊の
最後の事業となる「食材選び方教室冬・春の味覚編~」を開催しました。

最後の食材の選び方や特徴、製造方法や流通の裏話など、
食材にまつわる様々な話を、専門家である市場の業者さんからお伺いする本講座。

今回取り上げたテーマはこの4つです。
・花菜 産地の違い(京都府産、和歌山県産)
・しんじょう 種類の違い(プレーン、九条ネギ入り)
・貝類 種類の違い(シジミ、アサリ、ハマグリ)
・カレイ 種類の違い(アカガレイ、ミスガレイ)


ちょうど今が旬の子持ちのカレイなど食べ比べもボリューム満点!
新鮮で安心安全な市場流通食材を皆さんに知って頂く機会にもなりました。

【28年度】食材選び方教室~秋の味覚編~

開催日時:平成28年9月26日(土)午後1時〜午後3時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:500円

毎年大好評の人気講座「食材の選び方教室」。
その第1回<秋の味覚編>を開催しました。
市場の専門家から「食」の知識を学び、
食べ比べを通して、食材の産地や製法、種類などによる違いを実感していただきます。

今回取り上げたテーマはこの4種類です。
・レンコンの産地の違い(徳島県産、茨城県産)
・カツオブシ(削りたてとパックの食べ比べ)
・カレイの種類の違い(ミズガレイ・エテガレイ)
・ブドウの種類の違い(甲斐路、ピオーネ、シャインマスカット)

実際に食べ比べてみないと気付かない
食感や味の違いと、専門家のわかりやすい解説に
参加者の皆さんも納得の様子でした。

【27年度】食材選び方教室

開催日時:平成28年2月6日(土)13時〜15時
開催場所:京の食文化ミュージアム・あじわい館
参加費:500円


食の海援隊・陸援隊の平成27年度最後のイベントである
「食材選び方教室」が開催されました。
漬物、芋、菊菜、ちりめんじゃこ、マグロ、イチゴ
全部で6品目もの食材の選び方について、
それぞれ専門家である市場の卸売業者さん、仲卸業者さん6名からお話を聞きました。

<漬物>京都三大漬物の違い(千枚漬け、すぐき、しば漬け)
<芋>長芋と山芋の違い
<菊菜>切葉と丸葉の違い
<ちりめんじゃこ>大きさの違い
<マグロ>天然マグロと養殖マグロの違い
<イチゴ>品種の違い(さがほのか、あまおう、ひのしずく)

各テーブルで聞き逃した情報を教え合ったり、
食べ比べの感想を言い合いながら楽しそうにお話ししている様子が印象的でした。
会員の皆様同士の交流の場にもなったように思います。

食材に関する情報をプロの方から聞き、実際に食べ比べてみることで、
しっかりと自分の知識として吸収していただき、
ぜひ、周りの方にも広めていっていただけたらと思います。

このページのトップへ