活動レポート

【平成30年】10/21海援隊・産地支援活動

開催日時:平成30年10月21日(日)午前7時半〜午後6時半
開催場所:福井県小浜市
参加費:大人5,000円、小・中学生2,000円

食の海援隊・陸援隊では、普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く「産地支援活動」を毎年開催しています。
今年の海援隊は、鯖街道の起点としても知られる、福井県小浜市に伺いました。

午前7時半に京都市中央市場を出発し、午前10時に小浜市に到着。
この日は、小浜の食文化紹介する施設「御食国(みけつくに)若狭おばま食文化館」と、食文化館前の広場で開催されていた「OBAMA食のまつり」というフードイベントの見学・視察を行いました。

1時間半ほどの滞在後、田烏地区に向かい昼食です。
お造りや竜田揚げ、へしこ、なれずしなど、鯖料理が並びました。

とくに「なれずし」は、独特の香りなどから苦手意識を持たれる方も多いのですが、小浜の鯖のなれずしはとても食べやすく美味しいと好評でした。

午後からは、旧田烏小学校に場所を移し、学習会を行い、
現在小浜市が取り組んでいる養殖鯖による「鯖・復活プロジェクト」についてのお話を伺いました。
かつて小浜周辺でたくさん獲れた鯖ですが、近年は漁獲量が減少しているそうです。

学習会の後は、実際に鯖の養殖場を訪れ、えさやりを体験しました。
「『元気か〜』『大きくなれよ〜』と、声をかけながらえさをやるのが大切」と語るのは、鯖養殖に取り組む浜家直澄さん。
愛情が伝わると、生育にも大きな差が出るそうです。
会員の皆さんも「大きく育てよ〜」「京都で待ってるよ〜」と声をかけながらえさやりをしました。

また、昼食にご提供いただいた小浜の名産「鯖のなれずし」の加工も体験しました。
指導してくださったのは、田烏さばなれずしの会・会長の森下佐彦さんです。

参加者は最終段階の工程として、塩とぬかで仕込み1年熟成された「へしこ」の状態の鯖の中に、白米と麹を混ぜたものを詰めていきました。ここから2〜3週間で仕上がるそうです。
昔から伝わる伝統的な製法は、小浜の食材・気候などの風土を色濃く反映しており、私たちが暮らす京都とは異なる食文化に触れるとてもいい機会になりました。


全行程を終え、京都市中央市場に午後6時半に戻りました。

「京は遠ても十八里」
小浜と京都を結ぶ若狭街道(鯖街道)約72kmは、そのように言われてきました。
遠いようで、近い。車だと2時間半くらいです。
京都とも繋がりの深い小浜、皆さんも是非訪れてみてください!

【平成30年】8/21陸援隊・産地支援活動

開催日時:平成30年8月21日(火) 午前8時~午後5時
開催場所:京都府舞鶴市

参加費:大人5,000円、小・中学生2,000円

食の海援隊・陸援隊では
普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く「産地支援活動」を毎年開催しています。

今年は、「万願寺甘とう」の産地、京都府舞鶴市に伺いました。

京野菜として今や全国で名前が知られている万願寺とうがらしですが、京都府舞鶴市の特定のエリアで生産されているのが「万願寺甘とう」です。

朝8時、JR丹波口駅前を出発。現地では、はじめに「万願寺甘とう」がハウス栽培されている圃場の見学に向かいました。徹底した温度・湿度管理や、できるだけ農薬の使用量を抑えるなど、様々な工夫がなされています。

圃場の後は選果場の見学。「万願寺甘とう」と言えば、その大きさや形も特徴的です。秀、優、良といった具合に選別され出荷されていく様子を見学しました。

見学後の昼食では、「万願寺甘とう」を使った料理も堪能しました。

締めくくりは学習会。生産者代表としてJA京都にのくに・舞鶴万願寺甘とう部会長の添田潤さんにお越しいただきお話を伺いました。日頃の努力や苦労話のほか、7月の西日本豪雨の被害にも遭われたそうで、その時の様子や復旧への尽力などについても伺いました。お話の上手な添田さん、会場は大いに盛り上がり、おすすめの料理法をはじめ様々な質問が飛び交い、大変活気溢れる交流会となりました。

西日本豪雨の影響で一時は実施も危ぶまれましたが、陸援隊一行を快く受け入れてくださった
JAにのくに加佐支店のみなさまに心より感謝申し上げます。

【29年度】産地支援活動 陸援隊

開催日時:平成29年10月26日(木) 午前8時〜17時半
開催場所:京都府京丹後市丹後町間人
参加費:大人4,000円 子ども2,000円

食の海援隊・陸援隊では
普段食べている身近な食材の産地を訪れ、見学や作業体験、生産者との交流を通じて、
産地の現状や生産者の仕事について理解を深めて頂く
「産地支援活動」を毎年開催しています。

間人と聞いて一番に思いつくのは「間人カニ」!
・・・と、いう方が多いかと思いますが間人では農業も盛ん!
今年の陸援隊は計39名の会員さんとともに
間人でのブロッコリーの収穫体験と堀川ごぼうの圃場見学に伺いました。

収穫前のブロッコリー、ご覧になったことはありますか?

消費者には見慣れない風景ですが、こんな風にはえています。

生産者の方から収穫方法をレクチャーしていただき いざ、収穫!

生産者の方から収穫どきのブロッコリーを教えていただきながら
みなさん大きなブロッコリーを収穫されていました♪

次に向かったのは、京都の伝統野菜「堀川ごぼう」の圃場です。
ここでは堀川ごぼうがどのように育てられているのか教えていただき、
実際に掘り起こすところも見せていただきました!

圃場をでた頃にはお腹はペコペコ!
昼食には丹後の食材をふんだんに使った特製のお弁当をいただきました。

午後からは、丹後の農業や生産の苦労、取り組みについて
圃場でもお世話になった生産者
JA京都京野菜部会間人支部堀川ごぼう部会部会長 野木武様からお話を伺いました。

参加者の方からも積極的に質問が飛び、有意義な学習交流会となりました。

大型台風の影響から開催も危ぶまれた今回の産地支援活動でしたが、
当日はお天気にも恵まれ、
丹後の農業の現状や農産物の魅力を学ぶ貴重な機会となりました、

また、台風対応に追われるお忙しい中、
陸援隊一行を快く受け入れてくださった
JA京都間人支店のみなさまに心より感謝申し上げます。

【28年度】産地支援活動 海援隊

開催日時:平成28年10月16日(日)午前7時~午後6時頃
行先:三重県鳥羽市答志島
内容:鳥羽磯部漁業協同組合 答志島集約市場視察、学習会など
参加費:4,000円

海援隊は、全国でも数少ない優良衛生品質管理市場に認定された市場
「答志島集約市場」の視察へ向かいました。

鳥羽マリンターミナルからチャーター船に乗り、答志島へ。
のどかな島の風景を眺めながら市場に着くと、まず驚くのは魚の臭いが全くしないこと!

市場見学の後の学習会では、
鳥羽磯部漁業協同組合より中村運営委員長に、
徹底した衛生管理への取り組みや、導入時の苦労などを伺い、
ぶつかり合いながらも市場を良くすることに真っ直ぐに努める関係者の想いに、
参加者の多くが胸を打たれました。
また、代々受け継がれる鳥羽の海女漁について、
鳥羽市農水商工課水産係 宮本係長よりお話を伺いました。

昼食は、鳥羽の海産物がたっぷりつまった特製弁当に加え、
磯部漁協からのサプライズで特大の舟盛と生シラスが!
参加者の方からは大歓声があがっていました。

昼食後は市場に戻りセリの様子を見学し、
セリ終了後に行われる清掃活動をお手伝いさせて頂きました。
水槽や場内の清掃は大変な作業ですが、
毎日のこの努力こそが清潔で安心・安全な市場を作っていることを実感しました。

【28年度】産地支援活動 陸援隊

開催日時:平成28年10月13日(木)午前8時~午後6時頃
行先:徳島県鳴門市
内容:なると金時「里むすめ」の収穫体験、学習会など
参加費:4,000円

朝8時、JR丹波口駅前を出発した一行が目指すのは、徳島県鳴門市里浦町。
今や有名ブランドとなった「なると金時」の中でも、
里浦農業協同組合(JA里浦)のみが取り扱う「里むすめ」の収穫体験に向かいました。

3時間弱のバス移動を経て現地へ到着すると、さっそく圃場へ。
里むすめの圃場の土質は、海のミネラル分を含んだ砂地です。
その砂地にしっかりと根付いき、大きく実った里むすめを掘り起こして
参加者の皆さんからは、歓喜の声があがりました。
また、栽培された芋の保存、管理状態を見て頂くため貯蔵庫の視察も行いました。

体験を終えた後は実食です!
昼食は里むすめ尽くしの「里むすめ御膳」で、
煮物や汁物、ご飯やデザートなど、様々な料理へと姿を変えた里むすめを味わい、
新しい魅力の発見となりました。

締めくくりは学習会。
生産者代表としてJA里浦より生産者部会原田部会長にお越しいただき、
里むすめ生産の歴史や苦労など、現場の生の声をお聞かせ頂きました。
積極的に産地の方に質問する参加者の姿が印象的でした。

【27年度】産地支援活動・海援隊

開催日時:平成27年10月21日(水)午前7時~午後6時頃
行先:京都府宮津市
内容:養老漁港にて定置網見学、生産者との交流など
参加費:4,000円

海援隊が向かうのは京都の北部宮津市。
日本海の景色を楽しみつつ、養老漁港に到着しました。
台風の影響なども心配されていましたが、
海の状態はとても穏やかで天気も良く、
凪いだ海へと船を出港することができました。

養老漁港での定置網体験・見学では、
実際に漁師さん達が行っている収穫作業を体験、見学することで
普段の生活の中にはない刺激的な経験をしていただくことができました。

昼食は荷捌所をお借りし、海を横目にバーベキュー!
アジやイカ、漁師汁等を味わいました。
食事が終わると海辺にいすを置いてゆったり海を眺めたり、
漁師さんに直接お話をお聞きしている方もいたりと、
波の音を聞きながら思い思いに過ごす時間となりました。

昼食後は京都府漁業組合の山口養老支所長と、
養老漁業株式会社 中立取締役による学習会が行われました。
実際に模型を使いつつの定置網の説明、
漁業従事者が今置かれている環境や苦労などのお聞きしました。

生産者を取り巻く環境や苦労や努力を知り、
より一層食べ物の有難みを知ることができる学びの場となりました。

【27年度】産地支援活動・陸援隊

開催日時:平成27年10月15日(木) 午前7時~午後6時頃
行先:岡山県高梁市中原町
内容:ピオーネの収穫体験、選果場の見学、生産者との交流など
参加費:4,000円


好天に恵まれ、朝早い7時集合にもかかわらず、
参加者の方全員にお集まりいただき岡山県へと産地支援活動に出発しました。
バス内では岡山県に関するクイズを楽しんでいただき、
景品として美味しいみかんがプレゼントされました。

片道3時間以上かけて岡山県に到着。
まずは西部ぶどう選果場にて
日本で初装備とされる色彩選別カメラや工場全体の見学です。、
生産者の元から市場へと向かう途中行程のぶどうを見ることができました。

昼食後は、お待ちかねの収穫体験です!
ピオーネほ場へのバス車中では、
びほく農協ぶどう生産部会成羽支部長渡邉氏からお話をお聞きし、
美味しいぶどうを作るための努力や苦労への理解を深めることができました。、
ほ場では、一粒が大きくツヤツヤと輝くピオーネを前に
参加者の皆さんからは感嘆と感動の声があがりました。
渡邉氏にお聞きした良いピオーネの探し方を参考に1人1房を選び収穫しました。

生産者の現場を間近に見ること、生産者のお話を直接聞くことにより
普段何気なく食べている物が色々な苦労や努力を経て
私たちの食卓にのぼることを学んでいただけたのではないでしょうか。
食材への感謝の気持ちをよりいっそう深めていただける機会になったのではないかと思います。

このページのトップへ